クライミングシューズのブランドは世界中に、そして大変多くの種類があります。それだけクライミングが世界中で愛されているという事でもありますが、ここではその中から幾つかのブランドを取りあげ、ご紹介していきたいと思います。あなたのシューズ選びの参考になれば幸いです。

ラ・スポルティバ -イタリアの老舗ブランド-

1928年に、北イタリアはドロミテ山麓にあるスキーリゾートで名高いフィエメ渓谷で生まれたこのブランドは、その大自然に耐えられるような機能的なシューズを作り続けています。現在もイタリア国内の自社工場で生産を行うこだわりのブランドで、その姿勢が多くのクライマーに支持されています。また多くの日本人アスリートも支援していて、その中には女子ボルダリングのトップ選手、野口啓代選手などもいます。またP3システムやアウトソールのエッジを無くした「ノーエッジ」など、老舗とはいえ技術的にも新しいクライミングシューズを作り続けるブランドでもあります。

ボリエール -世界に認められたスペインのブランド-

スペインはバレンシア地方の町ビジェーナで1975年に創立されたこのボリエール。その名が一躍有名になったのは、スペインの伝説的なロッククライマー「ガジェーゴ兄弟」と一緒にロッククライミング専用シューズの開発を行ってからでした。彼らの要望を元に作り上げた、スティッキーラバーを初めて採用したクライミングシューズ「エル・カピタン」の発表でその名を広めたのです。それ以降もこのブランドは、自社開発のソールにこだわったシューズを発表し続けています。