ボルダリングという競技が知られるようになったのは、いったいいつからでしょうか?気が付くとこの名前を頻繁に耳にするようになっていましたが、それでもまだ一般的には浸透していないかもしれません。しかし2020年東京オリンピックの新種目にボルダリングを含むスポーツ・クライミングが採用されたことで、今後はよりボルダリングがクローズアップされていくのは間違いないでしょう。

ボルダリングの特徴

ボルダリングという名前は英語の「Boulder」から来ています。日本語に訳すると「丸い大きな石」という意味です。川の上流などに行くと丸くて人の背丈の何倍かの大きな石がありますね。その石がボルダーと呼ばれるもので、それを自分の手足だけで登る遊びからこの競技は始まりました。

つまりボルダリングの特徴とは、道具をほとんど使わない事。そして登っても4~5メートル程度で、それほど高くまで登らないということです。そのためインドアに設備を設置するのが他のクライミング競技より容易で、それが現在ボルダリングがインドアクライミングの主流になった理由の一つなのです。

また必要な道具は、クライミングシューズと滑り止めのためのチョークの入ったチョークバックだけなので、初心者の方でも準備が用意で、それすらもレンタル利用が可能です。ボルダリングが最も手軽に楽しめるクライミングと言われる理由もご理解いただけると思います。