クライミング初心者がまず覚えるべきこと

クライミングには、初心者にとっても上級者にとっても変わらない一つの重要な考え方があります。それは「どのように体力を使わずに登るか」ということです。それは身体が持っている力をどのように効率よく使っていくか、ということでもあります。

初心者の方はとかく上半身の力を使い過ぎて腕がパンパンになり、それ以上登れなくなるという事になりがちです。しかし、そのとき下半身の筋肉にはまだまだ余裕があるはずです。フリーウェイトなどでトレーニングをしたことがある方はご存知だと思いますが、上半身を使うトレーニングで上げるバーベルより、下半身を使ったトレーニングで上げるバーベルの重さの方が遥かに重いわけです。つまり下半身の方が力が強い、ということなので、これを活かさない手はありません。

上半身に楽な姿勢を覚える

ではどうすれば下半身の力を活かすことができるのか?それは「腕を伸ばす」ことです。腕が伸びた状態のとき、腕の筋肉はほとんどその力を使いません。そうして体重はより力の強い下半身で支えるようにするのです。また下半身の力を使うためには、腰も落とさなければいけません。つまり腕を伸ばし、腰を落とす。これが上半身に優しく、下半身の力を使うために必要な姿勢なのです。と同時に視線を足元に置くことで、上体に力が入りやすい姿勢になるのを防ぎ、併せて、十分に下半身に体重をかけるためのホールドを確認することもできるようになります。

もちろんまだまだ必要な技術は沢山ありますが、初めの一歩としてこのように姿勢に注意を払い、下半身の使い方を覚えていきましょう。